コエンザイムQ10の吸収を良くする摂取方法は?

私たちの体は、多くの細胞から成り立っています。
その細胞の数は、何と約60兆といわれています。
その細胞一つ一つに含まれているのが、コエンザイムQ10です。
このコエンザイムQ10は、心臓の細胞の中のミトコンドリアの中に含まれていることが分かりました。
体のほとんどの細胞に存在していて、私たちの生活のために必要なエネルギーを作る酵素の働きをサポートしています。
生きていくためには、必要な物質だということが言えます。

この物質は、年齢を重ねるごとに減少し、高齢になるとピークのころの半分以下になります。
特に心臓や肝臓や腎臓に多く含まれているため、これらの臓器の機能が年齢とともに弱ってしまいます。
なので積極的にコエンザイムQ10を摂取していっことがお薦めです。
コエンザイムQ10は食べ物からも摂取できますが、食品に含まれる量が少ないため、かなりの量を食べなくてはいけません。
なので効率よく摂取するためには、サプリメントがお薦めになります。
せっかくサプリメントで取り入れるのであれば、効率のいい摂取の仕方をしたいとだれもが思います。
まずはコエンザイムQ10の特徴を理解したうえで摂取方法を考えてみましょう。

まずコエンザイムQ10は、油に溶けやすいという性質があります。
逆を言えば、水には溶けにくいという特徴があります。
なので脂分をとっている時に一緒に、摂取するのが効果的です。
なので食事中か、胃に脂がまだ残っている食後すぐに摂取するとコエンザイムQ10の吸収率が高まります。
もともと吸収率が低いコエンザイムQ10なので、効率よく摂取したい物質です。
特にサプリメントとしては、コエンザイムQ10単体だけのもののほうが吸収率は高いといわれています。

コエンザイムQ10は美容効果があるため、ビタミン類などと一緒に摂取するとより効果が高まります。
しかしビタミンは、水に溶けやすい性質の栄養素です。
なので、一緒のカプセルに配合されると吸収率が悪くなってしまいます。
もしビタミンも同時に取るのであれば、別のカプセルで摂取することがお薦めです。
また食事以外の時間に取る場合は、油分が含まれているチョコレートなどと一緒に取ると吸収率がいいです。

Copyright (C) エネルギーの源 All Rights Reserved.