コエンザイムQ10のパワーがすごい!
満足できる製品選びのコツ
ランキングや口コミ情報を掲載中

皮膚科でもらうコエンザイムQ10クリームは化粧品なの?

コエンザイムQ10は、多く商品に含まれている物質です。
コエンザイムQ10は、細胞一つ一つに含まれていて、エネルギーを作り出す酵素の働きを補助する役割があります。
かつてコエンザイムQ10は、医薬品として心疾患の患者さんの症状緩和のために処方されていた薬でした。
それが、食品という扱いになったことで、サプリメントなどに使用することができました。

よく目にするようになったきっかけは、サプリメントですが、今では多くの商品にコエンザイムQ10が含まれるようになりました。
それはコエンザイムQ10に含まれる活性酸素の働きが、美容にとても効果的だからです。
コエンザイムQ10はもともと人間の体に生まれながら持っています。
ところが20代を境に一気に減少してしまう物質です。
コエンザイムQ10が減ってしまうと細胞の新陳代謝が落ちてしまい、ターンオーバーが遅くなってしまいます。
また肌に蓄積されたシミやそばかすの原因となる活性酸素を、除去しきれなくなり、蓄積されていってしまいます。
それが徐々にたまっていくことで、30代から40代にかけて、シミやシワなどが表面化してくるというわけです。

なのでシミなどは急にできたわけではなく、20代のころから蓄積されて出来上がっているわけです。
減少してしまったコエンザイムQ10を体内に、吸収することで、活性酸素を除去することができ、アンチエイジングの効果が出ます。
体内からはサプリメントなどで吸収させ、体外では化粧水などを使用すると、両方からコエンザイムQ10を吸収させることができます。
化粧品に含まれるコエンザイムQ10は薬事法で0.3%までと決まっています。
なので配合と書かれていてもごくわずかだということが分かります。
化粧品よりももっと効果的にコエンザイムQ10を取り入れるためには、皮膚科で処方してもらうクリームが効果的です。

なぜなら皮膚科で処方されるクリームには、高濃度のコエンザイムQ10が配合されています。
濃度は1%から3%まで配合することができます。
日本ではまだ知っている人が少ないですが、海外では実際使用している人がたくさんいます。
使用した人の実験データ―をみると、シワの深さが3割りぐらい浅くなったと実感する人が多いようです。
直接気になるところに塗ることができる為、確実にコエンザイムQ10の効果を実感することができます。
皮膚科でもらうクリームは薬事法の基準値よりも10倍の濃度があるため、化粧品という扱いにはなりません。

トップに戻る