コエンザイムQ10のパワーがすごい!
満足できる製品選びのコツ
ランキングや口コミ情報を掲載中

コエンザイムQ10は心臓の薬と聞きました

コエンザイムQ10は、よくサプリメントなどによく含まれているので、知っている人も多いのではないでしょうか。
よく耳にする物質ですが、意外にその働きまで知っているという人は少ないのではないでしょうか。
コエンザイムQ10は、私たちの体の60兆近くの細胞の一つ一つが元気に働くようにサポートするとても大事な物質です。
もともと体内の臓器にコエンザイムQ10は、含まれています。
それが年代によって、コエンザイムQ10の濃度が変わってきます。

コエンザイムQ10の濃度のピークが20代といわれ、そこからどんどん減少していってしまいます。
40代には30%の減少してしまい、80代になると半分以上減少していしまいます。
この減少の比率は、とくに心臓や肺に一番影響があります。
中でも心臓は、1日に10万回以上の収縮活動をしています。
体の血液を循環させるため、心臓の働きはとても重要です。
私たちが生きていくために、一番大事にしなくてはいけない臓器です。
心臓にとってコエンザイムQ10が減少するとどのような現象が起きるのでしょうか。
まず心臓全体の機能が低下していしまいます。

よく高齢になると、心臓の動きが遅くなってしまうことで、心筋梗塞、または老衰などでなくなる人がいます。
これらは、コエンザイムQ10の減少が影響しているといえます。
また心臓の機能が低下すると、心疾患以外の症状も出てきます。
例えば、慢性的な疲れ、足のむくみhttp://www.americasathletes.org/edema.html、肥満へとつながってしまいます。
そのほかにも動悸や息切れは、急な動きに心臓の動きがついていけない状態のときに生まれてしまいます。

このような状態が続くと今度は、多くの病気のきっかけを生み出してしまいます。
特に生活習慣病になってしまうと、心疾患や脳関係の疾患、がんなどの病気のきっかけになってしまいます。
よって心臓の動きが正常、もしくは活発であるということがとても大事なことだということが言えます。
特に年齢を追うごとに減少してしまうコエンザイムQ10を、積極的に摂取することで心臓のサポートにつながります。
もともとコエンザイムQ10は、動悸や息切れなどといった症状に対して、病院で医薬品として処方されているものです。
それが医薬品扱いから食品じへと変わったことで、サプリメントとして気軽に摂取することができるようになりました。

実際心臓病を患っている人の75%は、コエンザイムQ10が不足しているといったデーターもあります。
コエンザイムQ10と心疾患の関係性の強さが分かります。
心臓が元気よく動くということは、血流が良くなり、細胞への酸素や栄養をしっかり送り届けることができます。
そうなることで各臓器、筋肉、神経などの動きも向上していきます。
年齢とともに、健康的な体作りのためにもコエンザイムQ10は摂取したい物質の一つです。

トップに戻る