コエンザイムQ10を飲んではいけない人は?

サプリメントなどを購入する際に、使用上の注意書きまでしっかり読んで購入していますか?
多くの人は、体にいい成分が入っているからと、気軽に飲んでしまっている人が多いのではないでしょうか。
多くのサプリメントには、副作用のリスクから、毎日の摂取量というものが定められています。
その数値は、これ以上飲むと、体に悪影響を及ぼす危険性があるということを表しています。
また一緒に、このような症状の人は飲まないで下さいと定められているサプリメントもあります。
いろんなサプリメントの中でコエンザイムQ10は、1日の上限が定まっていず、とてもまれなケースです。

だからと言ってどんな人でも飲んでもいいのかといえば、それはまた違います。
一般的なサプリメントに比べて、副作用のリスクがないということは、それだけ安全だということを表しています。
もともとコエンザイムQ10は、心疾患のある患者さんの為に処方されていた、医薬品の一つです。
そのコエンザイムQ10が、食品として認められたことで、サプリメントとして発売されるようになりました。
もともと薬として使われていたものだから、本来であれば余計に心配される人のほうが多いでしょう。
コエンザイムQ10はだれもが体の中に持っている栄養素になります。

なので、摂取したとしても特に問題はないといわれています。
しかし、小さなお子さんや妊婦さんにおいては、サプリメントとしての歴史が浅いため、確実な安全性という面で保証はありません。
なのでどうしても接ししたい場合は、かかりつけの医師に相談したうえで摂取するかどうか決めましょう。
中でも注意が必要な人は、高血圧症や高血糖症の患者さんです。

患者さんの中で、毎日薬を飲んでいる人は、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。
なぜなら、薬との相性の問題で、より薬の効果を高めてしまう場合があります。
血圧の変化などに影響を与えてしまうため、おすすめとは言えません。
そのほかにも誰にでもいえることが、空腹時には飲まないということです。
空腹時の胃に強い刺激を与えてしまうため、胃もたれや不快感、下痢などの症状を起こす人もいます。
コエンザイムQ10には人によってメリット・デメリットがありますので注意して摂取するようにしていきましょう。

Copyright (C) エネルギーの源 All Rights Reserved.