コエンザイムQ10のパワーがすごい!
満足できる製品選びのコツ
ランキングや口コミ情報を掲載中

コエンザイムQ10の1日の摂取量はどれくらい?

私たちの体は、60兆個の細胞が組み合わさって出来上がっています。
その細胞一つ一つが正常に働くことで、私たちが生きていくために必要なエネルギーを作り出します。
そのエネルギーを作り出す酵素のサポートをするのが、コエンザイムQ10の役割です。
コエンザイムQ10はもともと人間の体にある物質
です。
しかし年齢を重ねるごとに、コエンザイムQ10は減少してしまいます。
20代が一番ピークで、30代から40代にかけて30%ぐらい減少していきます。

この年代になると、今までと同じように動いていても疲れるのが早く感じたり、息切れ動悸などを起こす人もいます。
それは運動量に対してエネルギー量が追いついていないため、そのような現象が起きてしまいます。
さらに80代になると体内のコエンザイムQ10は、半分以下になってしまいます。
なので、心臓などの臓器の働きが鈍くなり、体全体に十分名栄養が送り届けられなくなってしまいます。
また心臓や肝臓などの臓器の働きも鈍くなり、どんどん老化が進んでしまいます。
なるべくそうならないためにも、コエンザイムQ10の摂取がとても大事になります。
コエンザイムQ10は、生活スタイルによって、必要摂取量が異なります。

まず、健康維持が目的の場合は、1日当たり30㎎は最低でも必要になります。
理想的な摂取量は、50㎎から100㎎といわれています。
特にダイエットなどを目的としている場合は、100㎎の摂取は必要になります。
またスポーツをしている人は、1日300㎎を目安にしている人が多いです。
スポーツ後の疲労回復や体力の持続などを目的としているため、より多くのエネルギーを生産する必要があります。
これらのコエンザイムQ10を摂取>しようと思ったら、食事で賄いきるのはとても大変です。
例えば、100㎎摂取しようと思ったら、毎日イワシを20匹、ブロッコリー12キロ、牛肉3キロなどが相当します。

毎日の食事でこれだけ取ろうと思っても、かなり困難だといえます。
サプリメントのコエンザイムQ10の含有量によっても異なりますが、1日2粒ほどで1日の摂取量を賄うことができます。
なのでとても手軽に摂取することができます。
特にコエンザイムQ10は、1日の摂取上限が食品安全委員会で定められていません。
なのでどれだけ飲んでも害はないといわれています。
吸収率が悪いと感じたら多少増やしたり、いいと感じたら減らしてみたり、自分の体調の変化と比べながら摂取量を考えてみましょう。
更にこちらには詳しくコエンザイムと青汁の摂取量について詳しく掲載されています。是非ご参考にご覧になってください。

トップに戻る