コエンザイムQ10が化粧品に配合される量は?

コエンザイムQ10は今多くの商品に含まれるようになりました。
なのでその名前を一度は聞いたことがある、という人が多いのではないでしょうか。
コエンザイムQ10は、体全体の細胞一つ一つに含まれています。
細胞は私たちが生きていくためのエネルギーを生み出します。
そのエネルギーを生み出す酵素のサポート役をしているのが、コエンザイムQ10です。
こちらにコエンザイムQ10の2つの働きについてかいてありますので参考にしてください。
なのでこのコエンザイムQ10が減少してしまうと、体に必要な栄養素を作りきれなくなってしまいます。

コエンザイムQ10は生まれながら体内に含まれている物質です。
一番多く含まれている20代がピークで、あとは減少していく一方です。
コエンザイムQ10が減少してしまうと、お肌のターンオーバーが遅くなってしまいます。
また老化の原因となる活性酸素を除去する働きもあるため、減少すると老化現象が進んでしまいます。
その老化現象を防ぐためにも積極的にコエンザイムQ10を、摂取したいと考える人が多いでしょう。
主にサプリメントなどで、体内から取り入れる人が多いですが、体外からも取り入れることができます。

その方法の一つが、化粧水に配合されたコエンザイムQ10です。
コエンザイムQ10は、薬事法により化粧水に含んでもいい量が決められています。
それは化粧水全体の0.3%までと決められています。
少ないのでは?と思う人もいるかもしれません。
しかし皮膚科などでアンチエイジングが目的のコエンザイムの高濃度クリームを処方してもらうことができます。

そのクリームでも、最大3%しか配合されない貴重な物質です。
実際そのクリームを使った人の中には、しわが浅くなったと感じる人が多いです。
化粧水はそのクリームの10分の1の分量ですが、毎日使い続けることで外からもコエンザイムQ10を取り入れることができます。
なので使い続けてみるということが大事になります。
直接気になるところを重点的に使用することができるので、化粧水もとても人気の商品になります。

Copyright (C) エネルギーの源 All Rights Reserved.