コエンザイムQ10の副作用について

今多くのサプリメントが発売されています。
サプリメントには、必ず使用上の注意事項がかかれています。
その使用上の注意の中には、サプリメントを服用した際の副作用について書かれていることが多いです。
サプリメントは手軽さゆえ、正しい認識のものもと摂取しなくてはいけません。
体にいいものだからといって、過剰に摂取してはいけないものも多くあります。
せっかく身体にいいものだと思って摂取しても逆効果になってしまうようでは意味がありません。

サプリメントによってその副作用の内容はことなります。
例えば最近注目されているコエンザイムQ10は、どのような副作用が考えられるのでしょうか。
コエンザイムQ10は活性酸素を除去する働きを持っています。
活性酸素がたまると、老化が進んだり、生活習慣病になりやすかったり、がんになりやすいといわれています。
これらの予防にコエンザイムQ10は、効果的なため、とても注目されています。
サプリメントでは配合される前までは、コエンザイムQ10は、医薬品として扱われていました。
主に心疾患の患者の症状緩和のために、使用されてきた薬です。

それが、食品として認められたことで、コエンザイムQ10のサプリメントとして発売されることになりました。
サプリメントなどで発売される際、食品安全委員会によって摂取してもいい分量というものが決まっています。
しかしコエンザイムQ10は、はっきりとした分量が定められないごく限られた物質になります。
その要因の一つとしては、もともと体内にも含まれている物質なため、コエンザイムQ10の副作用の恐れが低いということです。

コエンザイムQ10の1日の理想の摂取量は100rで多くでも300rといわれています。
しかしパーキンソン病の治療の際に使用するコエンザイムQ10は、1日1000r以上摂取します。
それでも体内に副作用を発見できなかったため、上限が決めにくいとされています。
サプリメントを空腹時に摂取してしまうと、胃に強い刺激を与えてしまいます。
中には嘔吐や下痢などといった症状がある場合があります。

Copyright (C) エネルギーの源 All Rights Reserved.