コエンザイムQ10のパワーがすごい!
満足できる製品選びのコツ
ランキングや口コミ情報を掲載中

コエンザイムQ10には副作用はあるの?

今いろんな健康補助食品として、サプリメントが発売されています。
毎日の食事では、補えない分をサプリメントを使用して、栄養素として取り入れるという目的があります。
なんでも体にいいものだからと、いろんなサプリメントをとにかく飲むといった人中にはいます。
またダイエットやアンチエイジングなどの効果を早く実感したいために、1日の摂取量よりも多い量を飲んでしまう人もいます。

サプリメントには必ず、正しい摂取量と用法がかかれています。
それは、私たちの1日の生活の上で、必要な成分量と吸収力を考えてのことです。
なのでしっかりと守らなければいけないということがまず、一番大事なことになります。
どんなに体にいいものでもとりすぎは、必ず何かしらの影響が表れてしまうことが多いです。
それをふくまえたうえで、コエンザイムQ10は、服用していても副作用がないのかどうかについて考えてみましょう。

コエンザイムQ10は、もともと人間の体に含まれている成分になります。
なのでhttp://xn--q10-qi4bta9dwa15axfq275aa7725dh7xd.net/power_h.htmlにも書いてあるように外部から取り入れたとしても、特に副作用などの問題はありません。
コエンザイムQ10は20代をピークに、どんどん減少していく傾向にあります。
30代から40代になると、約30%減少してしまいます。
高齢の世代になると半分以下となってしまうのが、コエンザイムQ10です。
コエンザイムQ10以外のサプリメントなどでは、とりすぎると腎臓などの臓器に働きに影響を及ぼすものもあります。

しかしコエンザイムQ10は、平成18年に食品安全委員会で摂取量の上限を決めることは難しいという結論を出しています。
副作用のリスクを考えたうえで、上限が決められるのですが、その上限が設定されてないというのは、とても珍しいことです。
実際パーキンソン病の治療の際に、1日1200㎎摂取しても体に副作用を感じなかったという結果も出ています。
かといって毎日多くのコエンザイムQ10を摂取するのではなく、ライフスタイルに合った摂取量を取り入れることがお薦めです。
健康維持が目的の場合は、1日50㎎が理想です。
ダイエットなど体質変化や、お肌への美容効果を期待する人であれば、1日100㎎、スポーツや病気の人、疲労を感じる人は、1日300㎎を目安にしましょう。

人によって効果があると感じるスピードも異なります。
特にコエンザイムQ10は吸収率がとてもポイントになります。
もし効果が早く感じられたなと思う人は、吸収率がいい状態だといえます。
また吸収率よよくするために作られたサプリメントもあります。
そういったものを使用する際には、目安の半分もしくは3分の1の量で摂取していきましょう。
コエンザイムQ10は副作用がない分、毎日安心して飲み続けることができるごく限られたサプリメントの一つといえます。
しかし過剰摂取は危険ですのでコエンザイムQ10の摂取量をしっかり守りましょう。

トップに戻る