コエンザイムQ10のパワーがすごい!
満足できる製品選びのコツ
ランキングや口コミ情報を掲載中

タイプからサプリを選ぶ

コエンザイムQ10には、酸化型還元型という二つの種類があります。
いずれも、CoQ10であるという点に相違はありませんが、その特徴は大きく異なります。

特に、注目したいのは、その吸収率です。
吸収率が異なる…ということは、すなわち、満足度にも違いが出てくるということ。

しっかりとパワーを感じることができるかどうかが「種類(タイプ)」によって異なると言えるのです。
そこで、このページでは、そんなコエンザイムQ10の種類について詳しく解説してみました。

実は、市販品の殆どは酸化型のコエンザイムQ10を使用しています。
また、イワシや牛肉などの食品に含まれているのも酸化型です。
食品から摂れる点からも分かる通り、酸化型は比較的簡単に手に入れることができます。
これが酸化型の唯一のメリットと言えるでしょう。

逆に還元型は食材から摂ることができません。
また、サプリメントでも還元型を使用している製品はごく僅かです。
その為、還元型を摂取したい場合は…
・サプリメントで摂ること
・製品を慎重に選ぶこと
この二つのポイントが欠かせません。

還元型

酸化型と還元型を比較した場合、おすすめしたいのは、ずばり還元型です。
その最大の理由は、吸収率の高さにあります。

還元型は非常に吸収率が高いので、しっかりと満足のいく結果を引き出すことができます。

また、還元型の場合は、機能性関与成分として効果が認められている製品もあります。
(ex.カネカ還元型コエンザイムQ10
日常生活により生じる一過性の身体的疲労感を軽減できるのがポイントです。

朝の目覚め、健康維持、仕事への意欲などにパワーを発揮してくれるのが特徴!
つまり、より効率良くコエンザイムQ10の働きを体感したい場合は、還元型を選ぶ事が大切なのです。

酸化型

酸化型でもコエンザイムQ10の働きが全く期待できない訳ではありません。
しかし、還元型と比べると、やはり、満足度は劣ります。

その最大の背景となっているのが「変換」です。
たとえサプリメントで摂取した場合でも、酸化型は、体内に入った後に還元型の形に「変換」されないとパワーを発揮することができません。
(※逆に還元型なら変換なしでパワーを実感することが可能です。)

つまり、変換…という一手間がかかる為、スムーズな実感が難しくなってしまうのが酸化型の弱点なのです。
さらに、酸化型を還元型に変換する力は、年齢を重ねるにつれて衰えてしまいます。
その為、変換力が衰えてしまう40代以降の方には、還元型のサプリメントがおすすめなのです。

還元型の働きを詳しく

還元型には、身体的疲労感を軽減する効果があるといわれています。
これは科学的な研究でも証明されていて、日本人高齢者に機能性関与成分「還元型コエンザイムQ10」を100mg/6日という目安量で半年間摂取させて健康関連QOLを評価したところ、身体的(肉体的)疲労感の指標である「活力」が改善したというもの。
つまり、ぐったりを改善して、活動量を増加させることができたという訳です。

このことを踏まえると…
還元型のコエンザイムQ10を一日あたり100mg以上摂ることができるサプリメントを選ぶ
というのは大切なポイントと言えるかも知れません。

この条件をクリアしていて、コストパフォーマンスに優れた製品として挙げられるのがステラの贅沢コエンザイムQ10カネカ還元型コエンザイムQ10などの製品です。

このコラムに関連する記事一覧

トップに戻る