コエンザイムQ10はビタミン類なのか?

私たちの体には、かかせない栄養素がたくさんあります。
その栄養素に偏りが出てきてしまうと、体の表面にいろんな変化が出てきます。
なので栄養素は1日の必要な分をばらんすよく摂取するということが大事になります。
中でもコエンザイムQ10は、最近注目されている物質になります。
もともと人間の体に含まれているもので、体内の細胞一つ一つに含まれています。

細胞はエネルギーを作り出す際に、酵素を使用します。
その酵素を使用する際に補助する役割としてコエンザイムQ10が必要になります。
なのでエネルギーを生み出したり、サビを防ぐにはコエンザイムQ10が必ず必要になります。
以前はコエンザイムQ10は、心疾患の患者さんの症状の緩和などに使用されていました。
それが、健康食品として認定されたことで、サプリメントとして発売され得るようになりました。

そこから多くの人の目に留まるようになり、認識されうようになりました。
それに比べてビタミン類は、昔からよく知られている栄養素の一つです。
コエンザイムQ10は、ビタミンQと呼ばれることもあるため、ビタミンの一種だと勘違いされることもいます。
しかしコエンザイムQ10は、ビタミン剤とは大きく違います。
まず一番の違いは、ビタミンは基本的に体内で形成することができす、食事などから摂取しなければいけない栄養素です。

これに比べ、コエンザイムQ10は、体内で生合成することができる物質です。
この点においても大きな違いがあります。
ビタミン類もコエンザイムQ10も、美容効果があり、美容関連で注目されているもの同士です。
ですがコエンザイムQ10は、油に溶けやすい性質があり、ビタミンCは水に溶けやすい性質なので、全く逆の性質をもつものもあります。
より効率よく吸収させるためにも、全く逆の性質なため、一つのサプリメントに凝縮されることがありません。
どちらも美容にとても効果的な要素なので、摂取したいときは別でサプリメントを購入するか、食品で取ることを意識するか選ばれた方がいいでしょう。
コエンザイムQ10とビタミンEを同時に摂取すると最大限の効果を発揮できるそうです。
詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

Copyright (C) エネルギーの源 All Rights Reserved.