コエンザイムQ10のパワーがすごい!
満足できる製品選びのコツ
ランキングや口コミ情報を掲載中

コエンザイムQ10はいつ摂取するのが効果的か?

コエンザイムQ10は、よくサプリメントなどでも耳にする物質の名前です。
よく耳にするということは、それだけ私たちの体に必要な栄養素だということが分かります。
コエンザイムQ10は、食事でも摂取することができます。
食事でいえば、ブロッコリー、イワシ、牛肉などに含まれています。
1日あたりの理想の摂取量をとろうと思ったら、ブロッコリー12キロ、牛肉なら3キロ、イワシ20匹に相当します。

さすがにこれだけの量を1日の食事で摂取するのは、難しいです。
そしてコエンザイムQ10の特徴としては、吸収性があまりよくないということです。
普通に食事で摂取した場合、約60%のコエンザイムQ10が吸収されずそのまま排出されてしまうといわれています。
なので一生懸命食事などで取り入れようと思っても、吸収されなくては意味がありません。
そこで効率よく吸収させるためには、コエンザイムQ10の特徴を把握しなくてはいけません。
コエンザイムQ10を効率よく吸収するためには、吸収率を考えたタイミングでサプリメントで摂取するのがお薦めです。

コエンザイムQ10は、油に溶けやすいということが一番の特徴です。
なので脂っぽいものを食べている食事中や食後に飲むと、吸収率が上がるといわれています。
かといって毎日脂っこい物を食べるわけにはいかないなと思う人には、チョコレートと一緒に摂取するのがお薦めです。
チョコレートは脂分なので、コエンザイムQ10が溶けて、吸収しやすくなります。
オイル系の油分といっても色々なものがあるので、悩んでしまう人もいるかもしれません。
そんな人には、パーム油や一部のココナッツオイルなど中鎖脂肪酸油がいちばん吸収率が高いといわれています。

なので、コエンザイムQ10のサプリメント自体に、中鎖脂肪酸油が多く含まれているものを選ぶのも一つの方法です。
コエンザイムQ10の場合、摂取量ももちろん大事ですが、吸収率がとても重要になります。
せっかく身体にいいものだからと取り入れていても、効果が得られずそのまま排出してしまっていては意味がありません。
なのでしっかり特徴を理解したうえで、正しい摂取法を選択しなくてはいけません。
特に運動をしている人は、より多くの通常の人より3倍のコエンザイムQ10を摂取するのが理想だといわれています。

コエンザイムQ10は油脂系なため、体に吸収するまでに時間がかかります。
よって摂取してから、早くて時間遅ければ6時間かかるといわれます。
なので運動する2時間前ぐらいを目安に摂取すると、運動後の疲労回復が早まります。
サプリメントも改良が進み、吸収されやすく製造されている商品も増えました。
しかし、より効率のいい摂取の仕方を知っておくと、効果も早く感じられるといえます。
また、コエンザイムQ10サプリの選び方を知っておくことも重要です。

トップに戻る